行政書士の学習期間は嫌になるほど長い|合格の秘訣

資格取得までの期間

レディ

合格する為の学習方法

国家資格である行政書士は官公庁へ提出する書類の作成・提出を代理人として行うほか、電磁的記録を含む官公署に提出する書類の作成や書類作成相談などを受ける事が出来る国家資格です。弁護士や税理士などと並び士業と呼ばれる資格の一つで、学歴に関係なく試験に合格すれば開業できる為、人気の資格となっています。忙しい学生や社会人の受験者に人気の学習方法として、テキスト代のみで資格取得を目指す独学と資格専門スクールなどの通信講座の利用が挙げられますが、学習期間に違いがあります。行政書士合格までの学習期間は独学の場合、参考書などの書籍を用いた学習を基本として早くて6ヶ月、平均して一年間かかる場合が多いのに対し、通信講座による学習期間は最短で2ヶ月、平均して6ヶ月と独学に比べて短期間で合格までのカリキュラムをこなす事が可能です。この学習期間の差は、疑問や質問に答えてくれる講師のサポートの有無に関係していると言えます。独学の場合は行政書士の学習における分からない点を質問する場所がなく、自力で法律書や参考書などから勉強する事になります。それに対し、通信講座は電話やメール、ファックス、質問用のカードなどを用いて質問する事が出来ます。そのため、学習における疑問点を正しく解消しながら着実に合格までのサポートを受ける事ができます。法律系の資格の勉強は行政書士試験の学習が初めてという場合は特に専門知識を持つ講師からサポートを受けると学習がスムーズに進みます。また、通信講座はインターネットを利用した講義の視聴やDVDによる講義映像を視聴する事が出来るので、自宅にいながら通学に近いスタイルで学習する事が可能です。行政書士の資格取得に向けて、学習期間はゆっくり取りテキスト代のみで合格を目指す場合は独学、短期間で合格を目指す場合は通信講座を利用するなど、ご自身の都合に合わせた学習方法を選ぶのが良いと言えます。