行政書士の学習期間は嫌になるほど長い|合格の秘訣

6ヶ月のプラン

婦人

詰め込みと過去の試験問題

行政書士試験を6ヶ月の学習期間で行う場合、詰め込みの期間を多くとるのが理想です。しかし、予備校の模擬試験が夏頃から始まるため、それらを利用しながら、第一期の詰め込みの期間と、第二期のアウトプットの期間を同時進行でこなす必要があります。あまり早くから学習を始めても、最初の頃に覚えたことを忘れることもあるため、この程度の学習期間を選ぶ人もいます。6ヶ月の学習期間の場合、過去の行政書士試験の問題で常に理解度をチェックしながら学習すると、精度を高めることに役立ちます。夏期に集中して時間がとれる場合は、短期集中講座で流れを一気に学習することも有効です。公開模試は、何度も受けると費用がかさむため、それまでによく間違えた問題をまとめて、自分で問題を作って本試験と同じように解くことが大切です。独学で行う場合、夏頃までの詰め込み期間では、過去問を中心に、出題される科目をひととおり学習します。テキストを1冊決めて、それにすべてを書き込むようにすると効率的です。また行政書士試験に関する法令で1冊、一般知識等で1冊というような選択をしても良いです。夏期から9月までのアウトプットの期間では、模試は一度は必ず受けるか、自分で行います。市販の模擬試験問題集を購入して行う場合、行政書士試験と同じ日曜の午後の同じ時間にやると雰囲気がつかめます。9月以降のまとめの学習期間では、新たにテキストを購入することはせずに、書き込んできた1冊をオリジナルノートとして何度も見直すことが大切です。